江戸時代のリサイクル

江戸時代は究極のリサイクル社会でした

江戸時代は究極のリサイクル社会でした

江戸時代にはリサイクルすることが当たり前でした。現代のようになんでも簡単に手に入れられる時代ではありません。

 

物が少なく貴重でしたので、一つのものを長く大切に使うのが普通のことです。

 

使えなくなっても修理をしてまた使います。何度も直してそれでも使えなくなったもので、捨てることをせずにリサイクルしていたのです。

 

ゴミのようになったものでも、売ってお金にしていたのです。

 

究極のリサイクル社会とも言えますが、市民のリサイクル意識が高かったというわけではなく、ただ「もったいない」という意識が強かったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

修理稼業の職人たちが町をあるいていた!?

江戸時代の職人には、家の中でモノづくりに励む「居職」(いじょく)と、外に仕事場のある「出職」がありました。

 

さらに、特定の仕事場にいくのではなく、商品を天秤棒で担いで街を売り歩く「棒手振」(ぼうてふり)という職人もいました。

 

納豆売り、豆腐売り、しじみ売り、漬物売り、野菜売り、魚売り、など日常の食生活に欠かせない食品を売り歩く者のほか、貸本屋やざる売り、炭売り、油売りなどがいて、買い物に出かけなくてもさまざまなものを手にいれることができたのです。

 

江戸時代には、こうした物売りの他にも各種修理職人も棒手振りとして街を歩きます。

 

雪駄(せった)直し、ちょうちんはりかえ屋、はさみ研ぎなどリサイクル専門の職人です。

 

色んなリサイクル修繕屋がありました

「鋳掛屋」(いかけや)はナベや窯(かま)の修理をする人です。

 

江戸時代には鍋釜に穴があいても捨てることはありません。穴をふさいでいつまでも使いました。

 

鋳掛屋は「ふいご」と火鉢を持ち歩き、頼まれれば即座にハンダ付けをして直していました。

 

「羅宇屋」(らうや)はキセルの修理業者です。江戸時代にはタバコはキセルで吸うのが普通でしたが、使っているうちにキセルの内部にヤニがつまってしまいます。

 

それを掃除したり新しい部品に付け替えたりするのが、羅宇屋の仕事です。

 

スポンサーリンク

 

「たが屋」というのは桶や樽のタガをはめ直す仕事人です。緊張がとけたときなどに「タガが外れる」と言いますが、この「タガ」というのは桶などがバラバラにならないように縛っている金属のことです。

 

「ゲタ歯入れ」は文字通り、古い雪駄(せった)やゲタのすりへった歯を交換する職人のことです。

 

「瀬戸物焼接」(せとものやきつぎ)というのは、割れた陶磁器を修繕する職人です。今では一度割れてしまった食器をつないで使うことはめったにありませんが、江戸時代にはくっつけてまた使うのが普通のことでした。

 

瀬戸物焼接がはやりすぎて、瀬戸物屋が売れずに困ったという話もあるほどに、はやっていたようです。

 

紙くずも売られていた!?

「紙くず買い」という職人がいて、古紙だけでなく、衣類や金属、古い道具などを買い取って回っていました。

 

古紙は再生紙にしたり、燃料としてリサイクルされていました。

 

「古傘買い」というのは、傘を買い取る職人です。骨を削り直し紙をはり直してリサイクルし、新品同然の傘にしていました。

 

また、削り取った紙は防水性が高いため、みそなどの包装紙としてリサイクルされました。

 

「ロウソクの流れ買い」は、ロウソクをともした後にのこったカスをまとめて買いとる職人です。

 

集めたロウを溶かしてかため、再びロウソクに再生するのです。

 

このように、江戸時代には日常使っているあらゆるものをリサイクルし活用していました。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加